本文へスキップ

SAFETY安全

安全方針


  職場において労働災害防止対策や健康保持対策を推進する為に経営トップ自らが安全衛生管理の最高
 責任者として安全衛生方針を示し、安全活動に邁進していきます。


                2017年 安全衛生方針

    安全意識を改革し「安全と健康を絶対最優先」の職場風土醸成と心身の健康保持を、
    トップと職場管理監督者が率先して行動を起こす事によって図っていく。

   スロ−ガン
    《 死亡災害を起こさないために 決めた安全ルールを確実に守り守らせること! 》

   重点目標
    「働く全ての従業員の労働災害・通勤途上災害ゼロ」と定め、以下の重点施策を実施する。

    1. 安全ルールの遵守(安全意識への取組、災害原因・背景の追求および対策実施)
    2. 安全教育の強化(KYTのレベルアップ教育、作業手順書の見直し、守則読み合わせ)
    3. 設備および作業の安全化(災害事例等の水平展開、R.Aの推進、保護具の使用・点検)
    4. 心身の健康管理および職場環境の改善整備
    5. 職場安全風土の改善対策(5S、作業前ミーティング、パトロール、指差し呼称の推進)
    6. 交通災害の撲滅対策(交通ルール遵守、防衛運転の指導) 
    7. 運輸安全マネジメントシステムの推進

    




運輸安全マネジメントシステム

 当社では平成19年より運輸安全マネジメントシステムに取組んできました。輸送の安全確保の取組を活性化させ、より効果的なものとする為、経営トップから現場まで一丸となって安全管理体制を構築し、社内の安全意識の浸透・安全風土の構築を図ります。
 

              2017年運輸安全マネジメント計画
          
取組期間(2017年1月1日〜2017年12月31日)

     1.基本方針

      当社は「輸送の安全確保が最優先である」ことを基本とし、全社員が一丸となり絶えず
      輸送の安全性向上に努めます。


     2.重点実施目標
       人身事故 ゼロ件
       物損事故 17件(前年対比40%減)


     3.運輸安全重点施策
       ・安全教育の実施
       ・各種研修・講習への積極的参加
       ・情報の共有及び伝達
       ・健康管理の推進
       ・コンプライアンスの遵守
       ・環境問題に対する取組

      4.安全に関する目標達成状況
       ・2016年目標  人身事故ゼロ件 ⇒  1件発生
                物損事故15件 ⇒ 28件発生

      5.自動車事故報告規則に規定する件数
       ・2016年  ゼロ件


  






バナースペース

亀甲通運株式会社

〒486-0923
愛知県春日井市下条町1005番地

TEL 0568-81-3326
FAX 0568-84-8508