本文へスキップ

TOPICS出来事

夏の交通安全県民運動

『県内一斉シートベルト関所』実施

 今年は7月11日から20日までの10日間、夏の交通安全県民運動が実施されています。現在、愛知県の交通事故の死者数は全国ワースト2位で、春日井市は昨年を大きく上回るペースで死亡事故が発生しております。
 今回、交通事故の原因としてシートベルトの未着用が採り上げられ、13日には市内王子町にある県道で春日井交通安全協会の会員ら約100人が参加して、『県内一斉シートベルト関所』と称した啓発活動を実施しました。活動に先立ち、伊藤太春日井市長から「悲惨な交通事故をなくすには皆さんの協力なくてはできない。暑い中であるが広報活動よろしくお願いします」と挨拶がありました。続いて春日井警察署の小林真署長は「愛知県のシートベルト着用率は98%になったが全国では98.2%であり、まだ全国レベルに達していない。発生した交通事故の中にシートベルト未着用があるが、着用していたら助かった事故もあるので100%着用を達成するように活動に協力願いたい」と話されました。その後、片側二車線の県道のうち、中央二車線を封鎖して上下線とも車一台ずつが通行できるように『関所』を設置、通行車両一台ずつ停めてドライバーに啓発チラシとうちわ、記念品を配りました。
 当社は春日井交通安全協会や安全運転管理協議会、愛知県トラック協会尾東支部春日井部会など交通安全を推進する団体に所属しており、全従業員が一丸となってプライベートも含め、無事故・無違反を推し進めています。また、毎月10日、20日、30日は交通事故『ゼロの日』として本社南側にあるT字交差点の横断歩道で通学する児童や学生の安全を確保する為、旗を振って誘導しています。

    
   
  伊藤太春日井市長挨拶               小林真春日井警察署長挨拶

    
   
  キャンペーン参加者一同               沿道で安全運転を呼び掛けています。

    

  車を一台ずつ停めて啓発チラシの配布         通学する学童を暖かく見守ります



バナースペース

亀甲通運株式会社

〒486-0923
愛知県春日井市下条町1005番地

TEL 0568-81-3326
FAX 0568-84-8508